痩身エステのセルライト除去の仕組み

セルライトとは、脂肪細胞同士が付着したり、脂肪細胞に老廃物が付着し、そのまま固まってしまった状態の事です。

 

お尻から太もも裏にかけてつきやすく、ついていしまうと、肌がデコボコになってしまう他、血行不良やむくみなどの原因となります。

 

更に、このセルライトというのは、一度ついてしまうと、ダイエットで体重や体脂肪が落ちても、消えずに残る事が殆どです。

 

その為、体が引き締まると、その分、でこぼこした皮膚が目立つ事になり、その見た目に悩まされる事になります。

 

そんなセルライトを取り除きたいと考えた場合、エステで、セルライト除去の施術を受ける事が有効です。セルライト除去の仕組みは、エステによって異なります。

 

代表的な施術の一つが、ラジオ波による施術です。

 

ラジオ波の痩身効果

ラジオ波を照射すると、体の中の分子を震わせ、そこに熱を持たせていく事が出来ます。

 

皮下脂肪に対して、ラジオ波を照射すると、そこにある脂肪の分子を震わせ、普段は固くなっているセルライトを通常よりも柔らかい状態にすると同時に、その層に熱を持たせる事で、より脂肪が燃焼しやすい状態を作っていく事が出来ます。

 

そして、脂肪が柔らかくなった状態で、リンパマッサージを行う事で、セルライトや脂肪を取り除いていく事が出来ます。

 

痩身エステはキャビテーションエステが人気

更に、現在、セルライト除去に高い効果があると、注目を集めているのがキャビテーションの施術です。

 

キャビテーションは、超音波によって体の中に気泡を発生させ、気圧差によってその気泡を大きくし、破裂させた時の衝撃で周辺の脂肪細胞を破壊していく方法です。

 

この気泡が破裂する時の衝撃は、セルライトにも有効と、注目を集めています。キャビテーションの場合も、セルライトや脂肪細胞を破壊した後、リンパマッサージを行い、体の中の脂肪を取り除いていく事になります。

 

このキャビテーションが注目されているのは、脂肪を燃焼させるラジオ波とは違い、キャビテーションでは脂肪細胞自体を破壊する事が出来る為です。

 

脂肪を燃焼させても、脂肪を溜め込む脂肪細胞が残っていれば、そこには再び脂肪がつく可能性があります。

 

それに対して、キャビテーションは脂肪細胞自体を破壊する事が出来る為、施術を行った部位に再び脂肪がつく事がなく、リバウンドしにくい施術としても注目を集めています。

 

エステでのセルライト除去の仕組みは、ラジオ波によって脂肪を燃焼させる、超音波によって脂肪細胞を破壊するという方法が主流となっています。

 

体験済み!自信を持っておすすめできる痩身エステランキング

 

<<ランキングページはこちら>>