セルライトの対処法

ほっそりとした太ももやハリのあるお尻、つるつるの美しい素肌は、美容と健康に関心のある女性なら誰もが憧れる姿です。

 

夏になると肌を露出する機会が増えてくるため、素肌をつるつるに美しく整えておきたいものですが、注意しておきたいのがセルライトです。

 

セルライトとは、皮膚がオレンジの皮のような凹凸のある状態になってしまうことから、オレンジピールスキン現象とも呼ばれています。

 

セルライトができてしまうと、見た目の美しさが損なわれてしまうだけでなく、むくみや冷え性の原因にもなるなど、健康状態にも悪影響を及ぼしてしまうため、できるだけ早くセルライト除去を行いたいものです。

 

セルライトができやすい部位

 

セルライトは、お尻や太ももなどの脂肪が集まりやすい部分に起こりやすく、その正体は脂肪と老廃物の塊であると言われています。

 

肌組織である真皮の下には、皮下組織の中に脂肪細胞があり、その周りの毛細血管や毛細リンパ管から溢れた余分な脂肪を蓄えています。

 

これらの脂肪が肥大化することで、真皮が押し上げられてしまい、肌の表面に凹凸が現れてしまいます。

 

この脂肪細胞はもともと体内の熱の放散を抑えて体を守る役割を果たしていますが、食べ過ぎや運動不足、精神的なストレスなどの原因でリンパや血流が滞ってしまうことによって、必要以上に皮下脂肪が蓄えられ、中性脂肪となって肥大化してしまいます。

 

そして、このセルライトによってさらに循環機能が下がってしまい、体の代謝を下げて下半身太りの原因にもなってしまいます。

 

先ず、固いセルライトを柔らかくすること!

このようなセルライト除去には、まず固くなってしまった脂肪をやわらかくほぐしていくことが大切です。

 

しかし、間違った対処法でセルライト除去を自分で行おうとすると、強くもみすぎるなどの刺激によって、状態を悪化させてしまうこともあるため、注意が必要です。

 

正しい対処法を行うと、リンパ管や毛細血管の周りに固まっていた脂肪がやわらかくほぐされるため、滞っていたリンパの流れや血流がスムーズになり、むくみやコリなども解消されます。

 

エステに通うなど、プロの手によるマッサージを受けるなどの方法が有効です。

 

また、自分で行う場合には、力をいれて揉みほぐすなどの刺激を与えることは避け、体をあたためながらリンパの流れをよくするためのマッサージを行うなどの対処法が効果的でしょう。

 

お風呂のセルライトマッサージは効果あり!

 

体をあたためる効果のある入浴剤を入れたお風呂などにゆったりと浸かり、血流を良くしながら、リンパマッサージを行うことで、固くなった脂肪によって滞っていたリンパの流れがスムーズになり、老廃物を排出しやすい体を作ることができます。

 

また、セルライトをつくらないためには食生活を改善したり、ストレッチを行うなどの老廃物を溜めないための工夫も大切です。

 

参考記事

エステに行かずに、自宅でセルライト除去する方法

 

体験済み!自信を持っておすすめできる痩身エステランキング

 

<<ランキングページはこちら>>